2011.11.14更新

1. お電話をいただいた時点で、対人か対物かお尋ねします。

2. (1) 対物の場合、相談事項は
      1) 過失割合についての争いか
      2) 損害の範囲についての意見の対立か
     確認をします
 
  (2) 当事務所では現在は過失割合の事案の方が多いです。

3. 対人の場合
  (1)  ① 示談案呈示済か
       ② 示談案呈示前か  をお尋ねします 
  (2) 示談案呈示済の場合はその金額の妥当性について検討
     することになります。
  (3) 示談案呈示前であれば 
      a  治療費の打ち切りについての相談か
      b 後遺障害認定の等級についての不服か
      c  今後の流れについての相談  
     等が考えられます。

4. (1) 今後の流れについては、一括して被害者の窓口となり、随
     時相談になることも可能です。
  (2) この場合、一度来所してご相談いただくと、あとは電話・メー
     ル等での相談が可能になり安心して治療に専念することがで
     きます。

投稿者: 北薗法律事務所