2013.01.21更新

1 日弁連が検討している(?)「専門弁護士制度」は、3年で10件の事件の
  取扱経験を要件としていました。

2 私の得意分野について、上記の「10件取扱」の要件を、3年でなく年間の
  取扱件数で整理してみました。
  ご依頼の際、参考にしていただけたらと思います。

3 「10件」の基準については、現在進行中の件数が10件以上か、現在
  の受任件数プラス昨年のうちに処理が終了した事件の数の合計で算定
  してみました。

4 大きな基準で分類すると、以下の4項目の案件は、「10件」を満たしてい
  ます。
   ① 事業者破産 (申立、破産管財人)
   ② 不動産    (売買、登記、賃貸借)
   ③ 交通事故   (被害者側)
   ④ 相続

 (1)  不動産については、さらに細かい項目で、
    ア)任意売却  イ)賃貸借(明渡、賃料請求、収益執行)
    ウ)不動産競売(債権者側、債務者側)
    に分けても、要件を満たしています。

 (2) 交通事故では、
    ア)人身事故 の分野では要件を満たしていますが、
    イ)後遺症の異議申立 は5件程度ですので、満たしていません。

 (3) 相続では、
    ア)遺産がプラスの分野
      (すなわち、遺産分割、遺留分減殺、遺言)
    イ)遺産がマイナスの分野
      (すなわち、相続放棄、限定承認、相続財産管理人)
    のいずれも、基準を満たしています。

5 他に、財産管理を「成年後見人」だけとすれば、基準を満たしませんが、
  定期的な財産管理の報告をする点では似ている「収益執行の管理人」
  の件を加えると、要件を満たすことになります。

投稿者: 北薗法律事務所

2013.01.12更新

1 今週、昨年末に受任した破産事件の破産手続開始決定がなされました。

2 そこで今週、志摩市に①機械 ②不動産の各状況 を現地確認するため、
  動産買取業者と現地の見分に行ってきました。

3 その際、破産者より、不動産について、処分の方針・情報(関係者の買
  取の予定、第三者への売却、従前の売出状況等)を確認しました。
  そして、事務所に戻ってから、不動産に関する状況について、文書で不動
  産業者に報告をし、不動産の査定の依頼をしました。

4 不動産は4ヶ所にありました。そのうち、1ケ所の宅地は、接道、周りの住宅
  等の状況からは、所在場所が例えば、名張市、伊賀市であれば、処分が最も
  容易と思われる物件でした。
  しかし、上記宅地は海抜0メートルにありましたので、「津波」のおそれの関
  係で、価格が大幅に下落していました。
  そのため、これまでも破産者が売出しをしていましたが、売却できなかった
  とのことでした。

5 海の近くですと、津市・鈴鹿市でも、「津波」のおそれの視点から、相場が下
  がってきています。
  そのため、抵当権者と私の提示する売出の価格が折り合わず、任意売却が
  困難になってきています。

投稿者: 北薗法律事務所

2013.01.10更新

1 現在、ホームページについて、
  ① 交通事故
  ② 事業者破産の申立
  に関する記事の追加を、業者に依頼しています。

2 グーグルの検索では、「コピーコンテンツ」は 「はじかれる」可能性が高いらし
  いですが、当事務所の原稿は、一ちから全て私が起案していますので、「はじ
  かれる」可能性は低いのではないかと思われます。

3 現在、ホームページの新しいコンテンツとして、私の得意分野である 「任意売
  却」 について起案中です。

投稿者: 北薗法律事務所