弁護士北薗のBlog

2017.06.16更新

1 相続人が遺言者を取り込み、何度も遺言書を作成させたことで、次々と作成された遺言書のうちどれが有効か(あるいはどの部分が取り消されたか)が問題となることはよくあります。

私も、破産管財事件で破産管財人として、先行遺言による受贈者が原告となった後行遺言の遺言無効確認事件を取り扱ったことがあります。

2(1)遺言は厳格な要式行為ですので、民法に定める要件が整っていないと、遺言書としては無効です。生前に弁護士等専門家による要件の確認を受けていれば、要式性の不備は修正することができます。

(2)もっとも、要式性に不備のあるまま相続が発生(遺言者が死亡)してしまった場合(遺言書としては無効の場合)でも、弁護士は、当該書面に記された遺言者の意思を実現する方法はないか、という視点で事実関係を確認します。具体的には、書面作成に至る事実経過や書面作成時の状況等を聴取し、死因贈与といえないかを検討します。

3(1)一方、有効な遺言書がある相続の相談の場合、生前に相談を受けて入ればトラブルを避けることができたということも少なくありません。

(2)せっかく遺言を作成したのに対立する相続人の協力を得なければ遺言の内容を実現できないという問題の場合、事前に相談を受けていれば、遺言において遺言執行者(遺言の内容を実現する者)を指定する助言ができたのに、と思うことがあります。

(3)また、自筆証書遺言の場合、相続開始後遅滞なく家庭裁判所に遺言書を提出し、「検認」(相続人に遺言の存在・内容を知らせ、遺言書の形状・状態・日付・署名等を確認する手続)の請求をしなければならないことも、事前に相談があれば助言が可能です。

(4)さらに、「遺留分」(一定の相続人に保証された最低限の相続分)によるトラブルを視野に入れない遺言の場合、事前に相談を受けていれば、トラブルの解決を視野に入れた補充事項の加筆や、遺言内容の変更を助言できることもあります。

4 インターネット上では、作成された遺言書について、相続発生前に点検をするサービスの提供を明示している法律事務所も増えているようです。

投稿者: 北薗法律事務所

2017.06.09更新

今回私は,北薗先生が破産管財人を担当されている津地方裁判所の破産管財事件の債権者集会と第三銀行津支店での任意売却の決済に同席させて頂きました。

債権者集会では,債権者から質問が出され,北薗先生が丁寧に説明されていました。以前民事裁判修習の際に立ち会わせていただいた債権者集会では,債権者から質問が出されることはなく,淡々と手続が進んでいったため,破産管財人が債権者に対し,どういう風に対応されるのか分かりませんでしたが,今回同席させて頂いた債権者集会では,債権者集会での破産管財人の債権者に対する対応の仕方を学ばせていただくことができました。

 

任意売却の決済では,売主・買主・抵当権者・司法書士・仲介業者の方が集まり,売主と買主の売買契約を成立させるため,複数の法律行為をほぼ同時に行っていました。私は,任意売却の決済に同席させて頂くのは初めてだったため,いくつもの契約がスムーズに結ばれていく様子が非常に印象的でした。また,決済の際に行われるであろう法律行為を事前に検討していたのですが,実際に行われていた法律行為と比べると不足する部分があり,勉強不足を痛感しました。

 

司法修習中であっても債権者集会や任意売却の決済に立ち会うことができるとは限らないため,今回債権者集会と任意売却の決済に立ち会わせていただけたことは,非常に有意義な経験でした。お忙しい中,私の指導担当ではないにもかかわらず,立ち会わせて下さった北薗先生には,とても感謝しております。今回の経験を活かしてこれからの司法修習生活をより充実したものにしていきたいと思います。

 

【コメント】

① 同席した債権者集会は、続行集会(第5回集会)であった。出席債権者は4名であり、第5回集会で4名もの債権者が出席することは少ない。

② 債権者の質問に対し、分割払いの債権を「サービサー」に売却すると説明したところ、修習生は「サービサー」が何か知らなかった。そこで、一応の説明をして、調べておくようにと指示した。

③ 債権者集会の帰り、他の事件で管理人となっている執行官と収益執行の打合せをするために執行官室を訪ねた。修習生は執行官の役割や仕事を知らないとのことだったので、少し説明をしておいた。

投稿者: 北薗法律事務所