弁護士北薗のBlog

2017.03.22更新

1 相続人の行方が不明であるという相続案件がいくつかありました。

①住民票をたどっていって判明した例もありますし、②三重県から他府県に転出して行方不明の方もいます。③伊賀市から三重県内の他の市町村へ転出届がなされた後、行方不明であるという方もいます。

相続人の行方が不明の場合、不在者財産管理人選任申立をすることになります。

他の弁護士に依頼されて、①ないし③と同様の事案で不在者財産管理人に選任されたこともあります。

2 相続財産の不動産について、相続人の誰も利用しないために、換価分割とするということが多くなりました。

相続人の希望があれば、不動産売却のために不動産業者と相続人を繋ぐ(売却支援)作業もしております。

破産管財人として、破産財団に属する不動産の任意売却を多数行っているため、三重県内の不動産業者(とりわけ、津、松阪、伊賀、名張方面)の不動産業者とは面識があります。

現在は、津市、伊勢市等にて、換価分割の為、不動産業者に依頼しています。

売却の立会いの支援、相続人への配分等、税務申告支援等を行っています。

投稿者: 北薗法律事務所

2017.03.14更新

「決済に同席させて頂いた感想」(※は私のコメント)

 

三重県(津)の修習生である私は、今回、破産財団不動産の任意売却の決済に同席させて頂きました。

決済が行われる前には、決済の場で行われる法律行為について先生から指導を受けました(※1)。私は、最初、見落としていた法律行為があったので、まだまだ自分自身が勉強不足であることを思い知らされると共に、これからの司法修習ではより法律行為を意識していこうと思いました(※2)。

決済の現場では、破産管財人である北薗先生、破産者(※3)、不動産の仲介業者、抵当権者及び司法書士の先生という多数人であったにもかかわらず、スムーズに売買契約書等の署名押印が行われていました。また、北薗先生は破産者(※3)の質問に対して丁寧に回答されていました。

私は、今回のような決済をみることは初めてだったので、とても勉強になりました(※4)。

三重県で破産事件を多数受任されている北薗先生は、お忙しい中、修習担当弁護士でないにもかかわらず、修習中の私を受け入れて下さり、とても感謝しています。

先生の下で得られた貴重な経験をいかしていけるように、これからも勉強していきたいと思います。

 

※1 例年、本件決済でどのような法律行為(契約)がなされるかを確認している。事前確認では、抵当権者と司法書士との抹消登記手続の為の委任契約を見落としていた。

※2 法律要件事実の意識も必要です。

※3 (1)破産者は出席していない。買主を破産者と誤認したと思われる。通常決済の場に破産者が同席することは無い。

(2)出席者の表現としては、売主、買主、抵当権者(第1順位、第2順位)、司法書士、仲介業者、が正しい。

※4 通常の売買と異なり、破産管財人が売主として破産財団の不動産を売却する場合、登記必要書類が異なります。①どう異なるのか、②なぜ異なるのか(必要書類の根拠条文)まで勉強することが必要です。

投稿者: 北薗法律事務所

2017.03.13更新

1 三重(津)修習の司法修習生が、出向で当事務所に来ることになった。指導担当弁護士は、私と前所属事務所で一緒だった後、松阪市で独立した弁護士である。

2 配属先の法律事務所に、現在破産管財事件が無いとのことで、主に、破産管財事件を勉強するために出向してくることになった。

3 出向中の予定は以下のとおり。

(1)月曜日 ①(成年後見事件)成年被後見人が加入している生命保険に関し保険会社との打合せに同行してもらう、②(破産管財事件)財団放棄後の財産につき清算人として調停(松阪支部)に関与する事案に同行してもらう。

(2)火曜日 破産財団不動産の任意売却(物件所在地の管轄:伊賀支部)の決済の立会い(特徴は後順位抵当権者が購入者である点)。

(3)水曜日 ①破産財団不動産の任意売却(物件所在地の管轄:伊勢支部)の決済の立会い(特徴は、抵当権の一部移転がされており、今回の売却により一部移転前の抵当権者の被担保債権が完済されることになったため、一部移転を全部移転にするについていかなる登記が必要かの検討を要する点。)、②債権者集会(続行期日)に同席。

投稿者: 北薗法律事務所