2013.06.20更新

1 売掛金の回収の依頼を受けた場合、
   ① 契約内容(訴訟を提起する際の請求原因)
   ② 時効になっているか否か
     (10年、5年、3年、2年、1年の場合があります)
   ③ 時効中断事由(債務承認等)の有無
  について、聞き取りをするよう心がけています。

2 支払いがされない理由は、支払資金の不足であるケース
  が多いですが、請負に関する売掛金の場合、損害賠償を
  理由に相殺の抗弁を出される場合もあります。

3 先日、数件分の売掛金回収の依頼を受けましたが、請負
  に関するもので、相殺の抗弁がされているものがありまし
  た、

4 これとは別に、既に、当事務所で、請負関連で相殺の抗弁
  が出て、訴訟になっているものが数件あります。

投稿者: 北薗法律事務所

2013.06.01更新

1 ①中小企業の売掛金 ②個人間の貸借
  等の回収の依頼をうけることがあります。


2 依頼者において督促をしていたが、支払がされなかった。
  つまり、期限を超過して、ある程度時間経過した場合が多いです。

3 このような場合は、一括支払は期待できないので
  ①分割弁済の合意
  ②契約書の作成
  という流れのなかで契約書作成後は、いかに遅滞せず支払いを
  継続させていくかが重要です。

4 現在は、
  ①未払賃料
  ②貸金
  ③売掛金
  の回収を10件以上担当しております。

投稿者: 北薗法律事務所