2012.02.23更新

1 ア)医療費、イ)売掛金、ウ)マンションの管理費
  等の少額債権の回収に関する相談を受けることがあります。

2 弁護士としては、
  ①弁護士名での催告書  ②支払督促  
  ③簡易裁判所での通常訴訟の手続
  ④回収費用
  等について説明することになります。

3 請求先が大量にある場合は、弁護士が文案を呈示し、依頼者側で金額等
  空白個所を埋めて作成をし、弁護士の押印をして提出する場合もあります。
  弁護士としては、通し番号を付して、問合せに対応する準備はしておきます。

4 私は、破産管財人として、債権回収のための数百件の請求書を出すこともあ
  り、大量の未回収先についても、それなりに対応してきた実績はあります。

投稿者: 北薗法律事務所