2014.12.12更新

1.最近は、日本全国各地の裁判所で、若手弁護士向けに、破産管財実務の勉強会・研修会を実施しているようです。
2.破産管財人の実務は、数件受任し、自分の頭で考えて処理した「経験」をした上で、他の弁護士との経験談の交換や、先輩弁護士のやり方を聞く機会を持った方が、知識や経験を効果的に吸収し、自分のものとして深化させることが出来ると思います。
3.私も、大阪での勤務弁護士時代に、破産管財人の受任経験が無い時点で勉強会に出席していました。若手の先輩が、講師の講義中のコメントに対して、「あんなところまで、ノウハウを話していいのかな」と話すのを聞いても、どうして「あんなところ」という評価ができるのかが分からなかったという覚えがあります。
4.最近は、勉強会に講師として呼ばれたり、若手弁護士より経験談(処理方法)の照会を受けて回答をすることが多いです。

投稿者: 北薗法律事務所

2014.12.11更新

1.今回支部から破産管財人として選任された案件では、当事務所の弁護士を破産管財人代理とすることになりました。
  破産管財業務を引き受けられる若手弁護士を増やしていきたいということのようです。
2.あくまで破産管財人は私ですので(私が責任を負うので)、まず私が記録を読み、コメントをつけて、担当弁護士(管財人代理)に渡しました。
3.今後は、(1)担当弁護士が記録を読み、(2)私も立ち会って初回打合せを行い、(3)その後、ひと月に1回は業務の報告及び残務の確認をして、(4)3か月後に予定されている債権者集会では、残務ゼロにする、という予定で進めて行きます。
4.担当弁護士は、これまで、私の事件処理を近くでみてはいますが、個々の処理をその都度指示を受けて行うことを何度繰り返しても、事件全体をみて必要かつ適切な処理を進める力は身に付きません。
5.基本に沿って丁寧に、かつ迅速に処理することが求められています。

投稿者: 北薗法律事務所