2014.01.08更新

1 法的手続きに入った不動産を、関係者が買戻したいという相談を
 よく受けます。

2 目的不動産の中に「農地」がある場合に、買主予定者が一定面積
 の農地を有しない(権利取得後の経営面積が農地法3条の定める
 下限面積に達しないため、許可が受けられない)場合があります。

3 この場合、「下限面積」は所有面積ではなく、耕作面積であること
 から、買受予定者が、農地を賃借するなどして、下限面積の要件を
 満たすという方法が考えられます。

投稿者: 北薗法律事務所