2012.11.29更新

1 法人の破産に関して、現在の代表者や先代の代表者が保証債務を負ってい
  る場合に、代表者等が破産をするのか、という問題があります。

2 代表者等が破産しない場合は、その相続人は、相続が開始したときに相続放
  棄をすることを検討することになります。

3 現在、私が破産管財人をしている法人で、代表者等の破産申立待ちのもの
  が6件あります。

4(1) そのうちの1件は、不動産を所有している前代表者が死亡したので、相続
   人が相続放棄の手続をしている、という案件があります(前代表者について
   は、追って、相続財産管理人が選任される予定です)。

 (2) 抵当権者は、代位弁済の元本確定登記のために、相続財産管理人選任
   の申立をする必要がありましたが、相続人の一人に行方不明者がいたため、
   手続が進められませんでした。
    そこで、私が法人の破産管財人に選任されたため、破産管財人として調査
   をして、住民票で居住場所(転居先)を発見しました。

 
 
 (3) この場合、抵当権者より請求書を送付して相続放棄の手続ととることを促
   すという方法もありますが、私は、破産管財人として「不動産の共同利用者」
   であるので、早急に不動産についての方針を確定されたい旨の連絡をしまし
   た。

 (4) 相続放棄の方法がわからない、ということでしたので、必要書類の用紙と
   相続放棄の申請先の家庭裁判所あての封筒を入れて、送付しました。

投稿者: 北薗法律事務所

2012.11.29更新

1 3月に受任した関西に6か所のワンルームの収益マンションを所有する破
  産管財事件について、不動産の売却決済が、今週で全て終了しました。

2 ア) 1件は、途中で賃借人が退去し、
  イ) 1件は、賃料の物上代位による差押がある物件でしたが、
  残りの4件は、賃料の支払を受けつつ、任意売却を終了しました。

3 来月でその他の財産の処分を完了し、破産配当に着手することになります。

4 私は、不動産業者に対し、御堂筋沿い(梅田から難波)で全て決済をしたい
  と言っていましたが、「新大阪」にあるマンションだけ、決済場所が神戸の三
  宮になりました。
  それ以外は、①梅田、②淀屋橋、③心斎橋 の周辺で、決済を行いました。

投稿者: 北薗法律事務所

2012.11.24更新

1 不動産への入札を実施中である。

2 破産管財人で入札は ①不動産 ②動産で行っている。
  動産は入札する程の量のある事件は減った。

3 先日は,①自動車 ②リフト ③工業用ミシンと同一事件で日を分けて3回入札
  をした。

4 それぞれで参加者が異なった,落札者も違った。

5 不動産の場合は,抵当権者,不動産業者と最低入札(価格)の合意(抵当権者
  と受戻の合意)をしてから入札に行っている。

6 入札で最価価格と決めてから受戻交渉する破産管財人もいるが,私は受戻合
  意をしないと入札はしないことにしている。

投稿者: 北薗法律事務所

2012.11.03更新

1 自己破産した場合,関係者に破産管財人に時価で売却してもらいたい旨
  の申出を申立代理人弁護士として相談を受けることが多い。

2 この場合,私が破産管財人をしている経験でいうと
     ① 破産管財人に情報を引継をして,その後は放置という代理人
     ② 関係者の助言,相談に乗られる代理人
     ③ 破産管財人との交渉に直接関与される代理人
     とある。

3 2 ②,③の場合に
 
  a 報酬をとる弁護士と 
  b 報酬をとらない弁護士(申立代理人の業務のサービスとして行う)に
    分かれる。

4 
 (1) 私が代理人の場合は,破産管財人のルーティングワークの延長である
      ので基本は 2 ②,③で3 bである。

 (2) 相続財産管理人の申立の場合は,申立の着手金が破産申立の着手金より
      少ないので有償である。
      自宅の確保が主目的で申し立てる場合が多いためである。

投稿者: 北薗法律事務所