2015.04.17更新

1.先日、他事務所からの出向で、私の任意売却決済に同行した修習生から、以下の感想文が提出されました。
【転記】
 4月16日の1日だけですが、北薗法律事務所に出向させていただいた、68期司法修習生の○○と申します。今回は、北薗先生にご一緒させていただいて、不動産の任意売却の決済に立会い、北薗法律事務所の見学までさせていただきました。
 任意売却後の北薗先生との質疑応答では、私が導入修習で学んだことを忘れており、先生を辟易させてしまうこともありました。しかし、先生は、任意売却に関する知識のみならず、経営に関するノウハウまで懇切丁寧に教えて下さいました。しきりに北薗先生が私に対し、「就職が決まらないなら、地元なり弁護士過疎地域なりで独立開業すればいい」旨おっしゃってくれたのは、忘れられない思い出です。
 たった1日でしたが、非常に貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。
2.私がこの日行った質疑応答は、以下のとおりです。
(1)決済の場で行われた各法律行為の指摘(売買、仲介、登記に関する委任等)
(2)不動産仲介の根拠法令
(3)破産管財人が登記義務者として行う任意売却に「登記原因情報」が不要な理由
(4)売却代金の財団組入れの法的根拠
3.決済は、百五銀行の鳥羽支店で行いました。
  事前に、不動産業者が買主に「重要事項の説明」をしていたので、決済手続は30分程度で終了しました。

投稿者: 北薗法律事務所

2015.04.04更新

1.経過
 H22 事故発生
 H24.3 受任
 H24.4 刑事記録取付け
 H24.9 後遺障害等級認定への異議申立て
 ※医師と2回面談して異議申立書を作成
 H25.6 訴訟提起
 H26.12 和解
2.逸失利益について、認定された後遺障害等級を基準とするものより高い喪失割合での和解成立に至った。

投稿者: 北薗法律事務所