2014.03.31更新

1.弁護実務修習のガイドラインが、各実務修習指導担当弁護士
  宛に配布されました。

2.このガイドラインは、司法修習生の実務修習指導担当弁護士
 のレベルが落ちてきたために、作成されたものだと思います。

3.①事実の聴取の内容整理
  ②事案の法的分析
  ③立証上の問題点
  ④依頼者の背景事情 
  ⑤事案の解決手段の選択(いくつかの方法の提案と選択)
  ⑥事案の解決の見込み(費用と期間)
 について、司法修習生に「最初に」意見を述べさせて、指導担当
  弁護士と意見交換をする、という内容になっています。

4.私は以前から、上記3のような指導をしていますが、毎年、
 司法修習生の「②事案の法的分析能力」が落ちてきているの
 を感じます。
  ②の能力が落ちたことにより、①事案の聴取の視点があい
  まいで内容整理が不十分となり、結果③から⑥の意見が的
 外れなものになっています。

5.そもそも、私は、法律相談で①から⑥までを依頼者に説明
 しているため、その内容をまとめればいいだけなのですが、
勤務弁護士でも、②、③が不十分なため、①が不十分なこと
 があります(私が依頼者に説明した趣旨と内容整理の視点が
異なるということがあります)。

6.当事務所は、受任(予定)の事件の場合、勤務弁護士が
 ①ないし⑥を書き出し、私が追加コメントをする形で、相談
 時のメモを作成するようにしています。

投稿者: 北薗法律事務所

2014.03.31更新

1.不動産関係案件、交通事故案件等現場調査をした方がよい
 事案の場合には、依頼者に提供頂く写真や動画のみでなく、
 自分で直接確かめるために現地に行くようにしています。

2.依頼者の視点と、弁護士の視点では、違うことを発見出来
 る事もあります。

3.直近では、
①相続案件の不動産の調査(利用状況の調査)
  ②成年後見人選任案件の不動産の調査(売収対象の調査)
  ③破産管財人選任案件の本社の調査
 に行きました。

4.それぞれ、記録や打合せ時の聴取では発見できなかった参
 考事項を発見することができ、有益な調査となりました。

5(1)破産管財人に選任された案件では、破産手続開始決定後
  (選任後)なるべく早く現地調査に行くようにしています。
 (2)先週金曜日に開始決定がされた案件についても、先週土
  曜日は既に3件の打合せの予定があり、今週月曜日(本日)
  も外出予定がありましたので、火曜日以降に現地調査予定
  を入れることも考えられましたが、やはり、日曜日(昨日)に
  現地調査に行ってきました。

投稿者: 北薗法律事務所

2014.03.25更新

1.自己破産をして、同時廃止ではなく破産管財人が選任される
 場合、破産者宛の「郵便物」は、全て破産管財人に転送されます。

2.転送された郵便物により、①申立書の債権者一覧に記載の
 ない債権者や、②申立書の財産一覧への記載が漏れている
 財産(あるいは財産隠し)が判明することがあります。

3.当事務所は、基本的に、当事務所に届いた転送郵便物の内、
  破産財団に関さないものを、毎週金曜日にまとめて破産者に
 送付します。
  その郵便物も、破産者宛にすると当然転送されてしまうので、
破産手続を開始していない同居人の名前で送付しています。
  破産者が単身の場合や、同居人全員に破産手続が開始して
 いる場合には、メール便を使って送付しています。

4.ところで、この転送郵便物に、申立代理人の弁護士が破産者
 宛で出した郵便物が混じっていることがあります。
  これは、申立代理人の弁護士が、転送されることを事務の方
 に注意し忘れているのが原因です(転送されることを知らない
 弁護士もいるかもしれませんが・・)

5.当事務所では、破産管財人として破産事件に関わる方が、
 申立代理人として関わるよりも多いので、破産管財事件の場合、
 事務が予め、破産者への送付方法(同居人宛にするか、メール
 便にするか)を当職に確認しています。

6.申立代理人の弁護士が破産者宛に出した郵便物が転送され
 てきた場合、1回目の時には、何も言わずに当職から破産者に
 送付しますが、2回続いて転送されてきた場合には、その弁護士
 に注意するようにしています。

投稿者: 北薗法律事務所

2014.03.22更新

1(1)養子縁組の案件で、不明点がありましたので、裁判所書記官、
  及びA弁護士に質問をしました。
 (2)A弁護士から(1)の質問への回答の代わりに、詐害行為取消
  に関する相談を受けました。 詐害行為取消や否認権行使に関
  する業務は、私のルーティンワークの1つです。

2.甲市内にある農地法が適用される土地の処分(任意売却)に
 関する相談を、B弁護士から受けましたので、C行政書士(司法
 書士)に相談し、自分の経験も踏まえて、助言をしました。
  任意売却に関する業務は、私のルーティンワークの中で最も
 多くを占めています。

3(1)任意売却を予定する不動産に対して乙市が行った、公租
 公課支払請求権による差押への対応について、D不動産業者
 から相談を受けましたので、私が通常行う処理方法を含めて
 助言をしました。
 (2)その際、相続財産管理人の選任を受けた案件について、
 任意売却を予定している不動産の査定をD社に依頼しました。
   ついでに、同事件で行方不明になっている自動車の鍵が
  ないかの確認も依頼しました。
 (3)その自動車についてはさらに、E社に車検証をFAX送信
  して、査定の依頼をしました。

4 E社から、以前依頼していた解体工事の見積書が届きまし
 たが、違う視点で再見積してもらうように再度依頼しました。

5.新しく相続財産管理人に選任された案件で、厚生年金関係、
 及び中小企業退職金共済関係の書類があり、相続財産か、
 推定相続人の固有財産かという問題がありましたので、判断
 の参考にするため、その取扱いについて、F社会保険労務士
 に照会をしました。

6.その他、不動産業者2社との打合せをしましたが、以上が
 私が1日に行う外部との連携の一例です。

投稿者: 北薗法律事務所

2014.03.17更新

1.「仮の地位を定める仮処分」についての日弁連の研修が
 あったので、出席しました。

2.内容は、
  保全処分一般の基本事項の確認(裁判官講師による
  講演)と
  ①日照被害に基づく建築禁止の仮処分
  ②面談強要禁止の仮処分
  ③建物明渡し等の断行の仮処分
  ④街宣活動禁止の仮処分
  の4つをテーマにしたもの(裁判官と弁護士のパネル
    ディスカッション)でした。

3.③と④をテーマにしたパネルディスカッションは、新件の
  成年後見人選任事件の記録読みの関係があったので、
  途中退室してしまい、聴くことができませんでした。

4.上記①②③のテーマとなっている仮処分については、
  私はその当事者の代理人となったことがありましたので、
  聴講できた①②について、知識の再確認することができ
  ました。

5.保全処分一般の基本事項の確認についても、基本的
  視点で整理された、裁判官からの説明を受けると、自分
  の知識も整理され、体系化されたような気がしました。

6.日々の業務に追われると、基本事項の確認が不十分
  になるので、研修会にはなるべく出席するようにしてい
  ます。

投稿者: 北薗法律事務所

2014.03.17更新

1.競売中の不動産を任意売却した場合の競売費用については、
  ①概算で支払いをする場合 と
  ②予納金から競売費用をすべて支払った残金が返還される
      場合があります。

2.上記②の場合とは、競売取下げ後、裁判所から申立債権者
   に対して、予納金の返還額を記載した裁判所名義の書類と共
   に、残金が返還がされるということです。

3.今回は、売却代金について、1番抵当権者には債権の100%
  を配分し、2番抵当権者が損切りとなり、3番抵当権者に判付料を
  支払うという案件でした。
  競売取下げから約40日強の後、申立債権者(1番抵当権者)
  に予納金の返還がされたので、破産管財人に送金してもらった
  後、2番抵当権者に送金しました。

投稿者: 北薗法律事務所

2014.03.17更新

1.弁護士会館での(一般)法律相談は、午後1時から午後4時
  まで(水曜日は夜間・第2・4土曜日は午前10時から正午まで)
  と相談時間に限りがあります。

2.私は、法律相談を弁護士会館で実施するのではなく、
(1)①午前9時~午後1時、②午後1時~午後5時、③午後5時 ~
     午後9時、と時間を決めて各弁護士に担当を割り振り、
(2)弁護士会のホームページに担当弁護士が分かるように掲載し、
(3)相談者が担当弁護士に連絡をとり、
(4)担当弁護士が、相談者からの連絡に対応する。
という方法で実施すべきだと思います。

3.この方法にすれば、例えば、相談者が金曜日の夜に「土曜日
  か日曜日のうちに相談したい」と思われた時、津・四日市を合わ
  せて、12コマの相談時間から都合のいい時間を選択することが
  できます。
     また、各時間の担当弁護士を掲載した弁護士会のホームペ
   ージと、各担当弁護士の事務所のホームページとをリンクして
   おけば、さらに時間の選択の余地が広がります。例えば、土曜
  日の午前9時から午後1時までの担当の弁護士に対して、相談
   者が連絡をした際に、既にその時間帯が他の法律相談受付で
   いっぱいになっていたとしても、双方で時間の調整をして、当日
   午後5時からなら対応できるというとこもあるかもしれないから
   です。

4.先週は、金曜日の夜10時に1件、土曜日の朝に2件の相談
  申込の連絡がありました。
  その内2件は、土曜日に打ち合わせをして、2件とも受任しま
   した。

投稿者: 北薗法律事務所

2014.03.15更新

1.後遺障害等級認定の異議申立てが認められ、「非該当」
 であったものが「14級」と認定されました。
  この1年間で、当該事件担当の勤務弁護士による異議
 申立てが認められたのは、2件目です。

2.民事調停の申立てを1件行いました(対人事故)

3.物損事故について、示談が成立しました。

4.その他、①対人事故の相手方に提示する損害賠償の金額
 に関する打合せ、②①の関連での文献調査等、③物損事故
 に関する資料の整理等を行いました。

投稿者: 北薗法律事務所

2014.03.14更新

1.勤務弁護士が、相続財産管理人に選任された事件に関して、
 相続債権者への説明のレジュメを作成しました。
  そこで、そのレジュメを確認して、修正しました。

2.今後の自分の執務の参考になるので、書式例のファイルに
 綴りました。

3.ついでに、以前のレジュメについても整理して、ファイルの
 目次を追加しました。
  私が以前(6年前)に作成したレジュメで、2年前に他の弁護
士に修正して頂いたものがありました。今回あらためてその
レジュメの整理もしました。

4.書式例のファイルには、相続財産管理人選任の申立を
 検討している人に対して、私を候補者にするよう誘引する
 ためのレジュメもありました。

5.上記の2年前に修正して頂いたレジュメを、現在調査中
の事案に即して修正し、再度その弁護士に チェックして
頂く予定です。

投稿者: 北薗法律事務所

2014.03.14更新

1.債権者や相続放棄をした推定相続人から依頼を受けて、
 相続財産管理人への就任を打診される例が続いています。

2.私の受任ルートは他の弁護士と較べると一般的ではなく、主に
  ①裁判所から破産管財人に選任される
  ②裁判所からその他の職務へ選任される
  ③一般事件を受任する(つまり「代理人」になる)
 の3分類です。
  他の弁護士は、③が多いです。

3.2①の選任事件が減ってきたため、2③の受任に力を入れて
  います。
  また、2②についても、相続財産管理人と成年後見人への受任
  には力を入れています。

4.とりわけ、相続財産管理人については、
  ①相続債権者の選任申立からのルート
  ②司法書士の依頼者による選任申立からのルート
  による受任には力を入れています。

5.先日、勤務弁護士2名が、同時期にそれぞれ相続財産管理人に
 選任されました。
  各事件のメモをもらい、事件処理のポイントを指導しています。

6.その内1件は、「共有者と特別縁故者」の関係する案件でした。
  私も実際に取り扱った経験のない事案ですので、共有者と特別
  縁故者の優先関係に関する判例(特別縁故者への財産分与が
 優先)を再確認しました。

投稿者: 北薗法律事務所

前へ