2013.10.29更新

1 67期司法修習生の ①弁護士修習 と ②破産管財の講義 を
  今回も担当することになりました。

2 12月か平成26年の1月に、新規に弁護士登録を予定している
  司法修習生(主として66期)は、三重では今のところ9名いるら
  しいです。

3 先日、破産管財の勉強会の後の雑談の中で、三重は他の地域
  より開業には向いている、という話を、私と同様、他府県から登録
  替えをした弁護士にしたところ、なぜですか、と尋ねられました。
  三重は、弁護士過疎では、東北を除くと2、3番目程度ではある
  が、県民所得ではずっと上の順位であるから、と回答しました。
 

  人口比では、岐阜県の方が三重県より弁護士過疎の状態ですが
  三重は、企業内弁護士が一定の人数いるので、実質上は、三重
  の方が弁護士過疎状態であると思われます。

投稿者: 北薗法律事務所

2013.10.16更新

先週、成年後見人として行った仕事を簡単に紹介します。

1 火曜日
 (1) 本人の希望により、ガラケー(ドコモ)をスマホ(Xperia)(AU)に
    機種変更するため、ドコモとAUのショップを訪問(津市)
 (2) 貸金庫の解約のため銀行の取扱支店へ(松阪市)

2 木曜日
 (1) 本人が入所されている施設の三者懇談会に出席(多気町)

3 金曜日
 (1) 遺産分割の当事者として、遺産である預金等の残高証明の
    発行申請のため、銀行を訪問(津市)

4 土曜日
 (1) 本人の生活状況を知るため、自宅を訪問(鳥羽市)

これらの仕事のうち、1(1)、(2)、3(1)について、私ではなく代理の
者が行くことではダメですか、と事前にお願いしましたが、
成年後見人本人との面談が必要、と言われました。

投稿者: 北薗法律事務所

2013.10.05更新

1 全倒ネットで大阪弁護士会が否認の研修をすると
  記載されていました。

2 前回の研修は、書籍化されていたので、購入することにしました。

3 届いたので、40頁ほどでしたので一読しました。

4 自動車の登録の否認以外は経験した事案でした。

5 経験的に多いのは、親族への不動産の移転や弁済が破産管財人に
  否認される(私の場合は否認する側の破産管財人の場合が多いです)
  場合です。

投稿者: 北薗法律事務所