2013.03.30更新

1 駐車場事故の過失相殺の本を購入しました。

2 駐車場事故は、物損事故で終わる場合が多く、速度はあまり
  出ていないため損害額は少ないですが、過失相殺が争点に
  なることが多く、最近、弁護士賠償費用特約の利用により
  同種事件が増加しています。

3 事件は大半が、訴額の関係で簡裁事件になりますが、
  著者も簡裁判事ですので、ポイントをおさえた内容に
  なっていると期待しています。

投稿者: 北薗法律事務所

2013.03.30更新

1 修習生の起案
  (24) 特別縁故の申立書
  
  ポイントは 
  ① 事実関係だけでなく
  ② 従前の判例に比して、全部分与の申立をすることの相当性
  について判例調査をして、事案の比較検討をすることです。
  

  (25) 事故の現地調査の報告書 (修習終了)


2 
(1) (24)については三回書き直しをして、それなりの内容に
    仕上ったと思います。
(2) 起案については、縁故の申立書について、相続財産管理人として
   「意見書」を5回以上書いた経験を踏まえてコメントをしました。
(3) 参考資料として ①他の弁護士の記載した申立書 ②これについての
    私の意見書を渡しました。

3 当会の会長の「会務の動き」によると
 ① 司法試験の合格者へのレベルがあまりにも落ちているので、
    合格水準の「レベルを上げろ」とか、
 ② 弁護修習でも「不可」をつけるように最高裁(司法研修所)は、
    いっているとかの情報があるようです。

4 いわゆる「大人の対応」をして「実務修習結果報告書」を作成する
  修習担当の弁護士が多いようですが、私は不器用なので、
  成績について「大人の対応」はほとんどしません。

5 司法試験の合格者をいわゆる市場から淘汰するのは、従来は
 ① 二回試験で落とす
 ② 弁護士登録(就職先がない)をしない
 ③ 弁護士登録(会費が支払えない)を抹消する
 という方法であったのですが、気の緩む「弁護士修習」の段階で
 「不可」をつける方法も今後は、追加されることになるかもしれません。

6 ただ、私は登録29年目に突入するので次の67期は担当しない
  可能性も高いです。

7 起案が5件程度の司法修習生(添削が大変なので見学させる
  だけが通常「楽」)もいるようなので、私は「まじめ」な指導担当
  かもしれません。

投稿者: 北薗法律事務所

2013.03.30更新

1 先週の日曜日は身上監護もかねている成年後見のために
  三者懇談会(本人、親、施設)に出席しました。
  半年に一回出席しています。

2 他の身上監護をかねている別の成年後見事件は、月一回のペースで
  自宅を訪問していた頃もあったので、それに比べると楽です。

3 火曜日は、裁判所の担当書記官の成年後見事件について講演を聞いて、
  裁判所の考え、他の弁護士の裁判所提出書類の記載内容、提出時期
     についての状況を聞くことができ、大変参考になりました。

4 不正の多発が問題になっていること、裁判所の対応の厳格化をかねてより
  聞いていましたが、実情が理解できて参考になりました。
  私は不正事案の後任の成年後見事件の後見人を2つしていますので、
  講師の説明内容、裁判所の希望している事件処理の緩急のつけ方も
  それなりに理解できました。

投稿者: 北薗法律事務所

2013.03.23更新

1 当事務所は土曜日は夜10時までが平常営業である。
  日曜日は休みである。

2 実際は、日曜日も午前中は私は事務所にいることが多い。
  電話があれば居留守は使わず取ります。
  仕事は、未処理事項は土曜日までに完了させて、月曜日は「残務」は
  「0」で臨むようにしている。

3 従って、土曜日に遠方の現地に行ったり、日曜日に打合せが入ると
  「残務」がある状態で月曜日になってしまうことが多いです。

4 法律事務所の広告では営業時間は平日で土曜日は休みあるが、
  土曜日も要望があれば営業をしてあげるのようなものが多いですが、
  当事務所は土曜日は、夜間も含めて平常営業です。

投稿者: 北薗法律事務所

2013.03.23更新

1 後見人の着服について弁護士である後見監督人の賠償責任を認める判決が、
  大阪地裁堺支部であったようです。

2 私は従前後見人でなく後見監督人をしていたことがありましたが、
  
  ①財産は、事実上全て私が管理し
  ②支出は、生活費の定額振込以外は
  ③全て私の了承がないとできないようなシステム
  にしていましたので、後見人の 「着服」はそもそもできない体制に
  なっていました。 

3 上記裁判例では3年以上も裁判所に後見人や後見監督人から報告を
  しなかったようですが、後見人であれ、後見監督人であれ、私は、就任
  当初の半年ないし1年は、
  
  ①お金の管理
  ②生活費の送金システム
  ③不定期支出についての申請から支出までの仕組
  の構築をし、数ヶ月に一回は報告事項が発生するので、
  何らかの報告事項がないということは、私の経験ではないです。

投稿者: 北薗法律事務所

2013.03.16更新

1 不動産の任意売却の場合は、売出価格を抵当権者は「評価証明書」を
  基準にする者もあります。

2 不動産業者に現地査定を依頼すると「評価証明書」より低いこともあります。
  そこで、不動産業者の評価で売出価格を下げることを依頼しますが、
  説得に応じない抵当権者もいます。

投稿者: 北薗法律事務所

2013.03.16更新

1 示談案が呈示される前の初回の法律相談の場合、
  (1)損害の項目 
  (2)任意保険会社、自賠責基準、裁判基準の存在及びその差 
  (3)弁護士に依頼するメリット
  の3点の説明が必要です。

2 そこで、(1)、(2)、(3)をA4用紙1枚にまとめて補足説明する方が、相談者の
  理解が早いですので、準備することにしました。

3 勿論、ネットで(1)、(2)、(3)を勉強されたうえで、具体的事案について質問し
  てその回答、今後のメニューの説明によりどの弁護士に相談するかを決定する
  ために法律相談をされる方もいます。

4 当事務所の交通事故の初回法律相談は、1の場合も3の場合も無料です。

投稿者: 北薗法律事務所

2013.03.13更新

1 2月21日以降の修習生の起案は、
  ⑨ 証拠説明書の作成(破産債権査定申立て事件)
  ⑩ 強制執行の申立書(和解調書を債務名義とした土地建物の明渡し)
  ⑪ 債務承認弁済契約書(交通事故の物損の分割弁済)
  ⑫ 遺産分割調停申立後の相続分譲渡と遺産分割の脱退について、
     手続上(調停、審判)の記載方法
  ⑬ 連帯保証人による主債務の消滅時効援用
  ⑭ 弁論要旨(傷害被告事件)
  ⑮ 選択修習の「破産管財」の問題回答
     (講義担当は私です)
  ⑯ 破産管財勉強会のレジュメについての宿題、レポート
 です。

2 ⑮は、当事務所の歴代の司法修習生が、例年1か月で回答することに
  なっているものです。今の司法修習生は66期ですが、65期、64期より
  
  良い出来でした。

3 ⑯は問題が難しく(経験が必要)、経験を代用するための事件記録を2
  冊渡してありましたが、やはり記録を読むだけでは経験を代替できなか
  ったようです。

4 ⑮の出来の良さに比較して、⑮の出来の悪さをみると、やはり、弁護士
  の業務は、机上のみでなく実務経験が必要であるということを感じます。

5 そのような意味では、勤務弁護士としての経験が必要であり、ノキ弁
  であっても就職することは必須と思いますが、どうも、66期の津修習
  の司法修習生はほとんど就職先が決まっていないようですし、弁護士
  にならないことを決めて司法修習をしている者もいるようです。。
  貸与性とはいえ、弁護士の弁護修習の無償性、裁判所や検察庁も修
  習生の指導にに時間がとられるために他の仕事が犠牲になること、を
  考えると、修習担当者は時間の無駄遣い(国費の無駄遣い)であると
  思います。

6 ちなみに、私のHPでリクルート、求人案内は
     現在、弁護士を募集しております
  のままになっていますが、何ら問い合わせがないので、どこまで「就職
  難」であるのか疑問を感じています。

投稿者: 北薗法律事務所

2013.03.06更新

1 破産管財人をしている場合は、破産者や債権者とは利害関係があるため、
  これらの方に関係する事件は受任できません。
  しかし、破産管財人をしていると、このような関係者の方から依頼されること
  はよくあります。

2 今回、受任した事件を紹介されるまでの経過は、以下のようなものでした。
 

  ①ア) 私が破産管財人をしている破産者の物件をA社が購入したい
       (H17年頃)
    イ)  A社の取引先であるB社は、私の関与先でした(事件処理をしたの
      は、H12年頃)
    ウ) そこで、B社がA社を購入者として私に紹介、物件売却
  ②ア) A社の従業員がA者の関係者に弁護士の紹介を依頼して、A社は
      私を紹介し、甲事件を受任(H23年)
    イ)  甲事件の依頼者の相談役、事情説明役としてC氏が関係
  ③ C氏は、別の事件で、私を紹介(H25年)

3 三重県出身でない私としては、事件の処理を丁寧に行ってきたこと以外に
  前記のように私を紹介をいただけた理由はないと考えていますので、今後
  も、1つ1つの事件の処理を丁寧、迅速に行っていきます。

投稿者: 北薗法律事務所

2013.03.02更新

1 昨年開始をした収益執行は目的物が「居住用マンション」です。

2 開始時に「差押」のことが心配で、数室退去があったために
  入居率が5割から4割まで落ち込みました。

3 その後、空室の部屋のクリーニングやクロスの張り替え等の工事を行い、
  入居者募集を開始しました。

4 所有者側も将来の任意売却時の金額の高額化、ひいては自己の債務の
  減額が見込めましたので、管理人に対して協力的でした。

5 今年2月からの転居シーズンに入り、入居者の増加率も速度を早めて残り
  あと1室になりました。

6 このペースですと、今月中に満室となりそうで、抵当権者の収益執行の
  目的の一つである収益物件の価値を高める作業もほぼ達成できそうです。

投稿者: 北薗法律事務所