2013.02.23更新

1 他県弁護士会より三重県弁護士会に登録替え希望があるようで、会員が
  増加するらしい。

2 昨年の三重修習司法修習生26(?)名のうち二回試験に合格したもののうち
  弁護士登録未了のものが8名らしい。

3 昨日金曜日、弁護士会の無料の多重債務法律相談を、独立した伊藤弁護士に
  交代してもらったが相談に訪れた人は「0」であった。

4 先週の破産管財人協議会でも、①予納金10万円の管財事件とか、②予納金
  15万円の管財事件を3回分割(支払がない時は5万円になることもある)を担
  当したことがあるとの経験談を私などが述べたところ、三重弁護士会でも担当
  希望の弁護士はいくらでもいるとの申出が他の弁護士よりあり、予納金の低額
  化に明確に反対する者はいなかった。
  法人・代表者のセットについても合計20万円でも担当希望は、いるとのことで
  あった。

5 かって、私が、破産管財人の担当者が決まっていない事件約20件の記録を
  見せられて、10件は担当してもらえないですかと書記官より依頼されて、
  「全部やってもいいです」と答えた時代とは状況が変わってきています。

6 そこで,私も少しは営業をする時間を確保(?)することを考慮して勤務弁護士
  を1名採用することにしました。

7 私の挨拶状は以下のとおりです。
  
  

  謹啓 余寒の候、皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
   さて、この度、当事務所は、新65期として司法修習を修了した
   山本敦子弁護士を新たに迎える運びとなりました。
   勤務弁護士2名体制により、「迅速な事件処理の徹底」をはかり、
   充実した法的サービスを行うことで、弁護士「淘汰」の時代に対処し
   ていく所存ですので、今後ともご指導・ご鞭撻のほど宜しくお願い
   申し上げます。   
                                        謹 白

8 山本敦子弁護士を宜しくお願いします。
  




投稿者: 北薗法律事務所

2013.02.23更新

1 四日市市に東京に本店のある弁護士法人の支店ができている。

2 名古屋市になると,東京に本店のある弁護士法人の支店は多重債務系だけで
  はなく,企業法務系も増えている。

3 先日もネット検索をしていたところ,新たに名古屋市の駅前に支店の事務所が
  できていた。
  多重債務系でない弁護士法人であり,東京本店との連携を強調している。

4 津市はともかく四日市市に居住の方や法人であれば名古屋駅までなら,
  相談・受任依頼に出掛ける人は多いのかもしれない。

5 土曜日,熊野支部の案件(法人2社,個人2名)で新宮まで現地調査に出掛け
  ますが,申立代理人弁護士は大阪市の事務所です。 
 

投稿者: 北薗法律事務所

2013.02.21更新

1 第66期の司法修習生が、1月31日に、弁護修習で当事務所に配属されて
  きました。
  当事務所に配属された以上、指導についての責任がありますので、この3
  週間で、以下のとおり起案等を担当してもらいました。

  ① 保険法22条(新法で新たに設けられた条文)についての指示伺い
     (労災保険の上乗せ保険について別除権が成立するか否か)
    
     (労災保険と安全配慮義務違反との関係)
 
  ② 成年後見(新たに受任した事件について、記録を検討し調査事項を整理)
  ③ 陳述書(交通事故)
  ④ 契約書(負担付贈与。負担の内容は住宅ローン)
  ⑤ 遺産分割協議書(不動産の換価分割)
  ⑥ 賃貸人の移転の通知書(収益物件の任意売却後の後処理)
  ⑦ 自動車の明渡、調停申立
  ⑧ 現地調査の報告書(農地の転用、調整区域)(農振地域ではない)

2 私が修習生だった時、4月間で起案は10件程度でしたので、最初の1月で
  10件程度の起案をしてもらえれば、個別修習担当の責任は果たせると思い
  ます。

3 本当は、二回試験用に、最終準備書面を起案させないといけないと思いま
  すが、今のところその予定はありません。

投稿者: 北薗法律事務所

2013.02.02更新

1 円滑化法の期限切れで倒産が増えるのではないかと夕刊紙等に
  記載があります。

2 ところで,津本庁の昨年の破産申立件数は増加したとのことですが,
  四日市以外の裁判所支部の申立件数は減少したと聞いています。

3 四日市以外の乙号支部4支部の破産申立の合計は、昨年は約300件
  です。

4 すると,1月あたり25件ですが,1月は4支部で15件程度なので,
  今のところ昨年を下回る破産申立のペースということになります。

5 私は,今年は申立・破産管財・相続財産管理人含めて多重債務関係は
  2件で,昨年の平均の4割のペースになっています。(但し,昨年12月は
  昨年の月平均の2倍の受任件数でした。)

6 今のところ,夕刊紙等の危惧は,弁護士の現場としては感じていません。

投稿者: 北薗法律事務所