2012.08.29更新

1 司法修習生の講義「破産管財」をしました。
  三重で最も多くの破産管財事件を私が担当している以上、修習生の講義も
  私が担当せざるを得ません。

2 修習生への講義の内容は、
  (1) 基本、包括執行、その時的拡張(否認、相殺禁止)
  (2) 破産者の視点(固定主義、自由財産)
  (3) 換価(不動産、退職金)
  (4) 債権者の視点(開始時現存額主義)
  について、例題に対する回答と、補足説明です。

3(1) 「破産」は、「保全・執行」と異なり、『二回試験』で出ないのであるから、
    講義は無駄なのでは?と、弁護士会事務局に聞きましたが、『二回試験』
    の勉強でなく 実務の勉強 ということでした。
 (2) 「専念職務」を課して、給与の不支給をするだけで十分矛盾があるのに、
    『二回試験』に必要でない時間を過ごさせつつ、「基礎勉強不足」を心配
    するという何重もの矛盾が存在するようなことを、日弁連は平気でしてい
    る。(私は、「専念職務」自体に反対である。二回試験に合格する能力が
    あれば足りると考えるからです。)

4(1) 包括執行である破産の前提知識である「保全・執行」は二回試験に出ま
    す。講義の中で、時々、前提知識として修習生に質問しましたが、答えは
    不十分でした。
 (2) 破産の講義をするくらいなら、「執行」の講義を2回行った方がよいと思い
    ます。
 (3) 従前は、修習生の講義で、保全や執行を担当しましたが、毎年、回答の
    レベルが落ちていやになったので、準備なしで(①課題作成 ②事前に
    修習生の回答をすべて読んで「コメント」の作成、はしていますが、講義
    用の予習が不要という意味です。執行の場合、事前に講義用に知識の
    再点検が必要ですが、破産管財の場合はそれが不要という趣旨です。)
    講義ができる「破産管財」のみにしてもらいました。

            
            
            
5(1) 今年の修習生の破産管財の課題の回答は、前年より「まし」で、結局、前
    年の三重の修習生(つまり、今年1年目の弁護士)が最低レベルでした。
 (2) 給与の「貸与」をした方が、まじめに(というか、普通に手を抜かずに)修習
    をしているというイメージです。

6 不動産の換価(売却)の前提で、(ア)仲介の仕組、(イ)不動産の競売の手続
  の流れ、(ウ)いわゆる3点セットの話もしましたが、回答できた修習生はいま
  せんでした。

投稿者: 北薗法律事務所

2012.08.25更新

1. 新聞報道によれば、日弁連の専門弁護士の要件は、
① 3年以上の実務
② 3年間で10件の処理経験
らしいが、地方のマチ弁で例えば、「交通事故」であれば3年間で10件であれば、多くの弁護士がこれに該当する。「被害者側」だけでも1年に10件は行っている弁護士はかなりいると思う。

2. 
(1) 「専門」とするくらいであるから、
① 2億円以上の高額賠償
② 後遺症の等級の異議申立 
がそれぞれ認められた処理事件が、10件以上を超える等の要件にすべきと思う。

(2) (1)の要件であれば、三重県内でも10人もいないかもしれない。

3. 「専門」分野というのであれば、① 他の弁護士により質問を受けるとか、② 顧問弁護士がいる会社から顧問弁護士でないのに質問を受ける等のレベルが必要と思う。

4. 3.の分野が私は3分野あるが、1つの分野は、件数自体が少ないから(多くても年間1~2件)、「利用者」の選択対象にすらならないと思う。

5. 残りの2分野は選択者が、いわゆる「利用者」でないから、やはり「専門」弁護士制度の対象にもならない。

投稿者: 北薗法律事務所

2012.08.25更新

1. 現在、後遺症の等級認定について、治療にあたった先生(医師)と異議申立の意見書について打合せをしています。

2. 
(1) 被害者からの症状聴取
(2) 診断書の分析
(3) 質問事項の整理をして
担当医との打合せをします。

3. 打合せをした内容で下書を作成して意見書について追加・訂正の有無の確認をします。

4. その後、意見書を訂正して異議申立書を作成して提出することになります。

投稿者: 北薗法律事務所

2012.08.25更新

1. 遺産分割をする場合、プラス評価の財産の分割方法だけでなく債務の処理方針(負担者)を定める必要がある場合がある。

2. 債務が明らかに財産より少なければ、限定承認をすることもないことが多い。
個人事業者の相続であれば、その事業を相続する人が事業用財産も相続し、負債の履行も「相続人間」では、責任を負うことになる場合が多い。

3. しかし、プラスの財産の一部を相続した人も、大半の財産を相続した人も、債権者との関係では相続分に応じて債務を相続している。

4. よって、前記の場合で事業の債務の返済に途中で相続人が失敗(例えば、破産)すると結局、他の相続人は、債権者より自己が相続(承継)した一部の財産以上の負債の請求をされることがないわけではない。

投稿者: 北薗法律事務所

2012.08.18更新

1. 破産物件の動産(機械)の現況確認のため動産買取業者と現地に行きました。クーラーがない工場でチェックするので「汗びっしょり」になりました。

2. 不動産が数筆あって、破産会社と代表者の所有であるが、代表者は亡くなっていた。

3. 相続放棄の手続が入っているが、① 配偶者 ② 子 が終了したところであった。

4. 今後、兄弟姉妹(一部は亡くなっているので、甥,姪)の相続放棄手続に入ることになる。

5. 遠方に居住している方もいるようなので、相続人不存在になるまで時間がかかる。

6. 相続人不存在になった後に相続財産の破産管財人か破産管財人が選任されて不動産の任意売却(あるいは競売)がされていくことになる。

投稿者: 北薗法律事務所

2012.08.06更新

1 先週の土曜日は、名張市にあった会社の動産の現況確認に行きました。
  現地の2軒隣は、従前、私が破産管財人として来たことのあるところでし
  た。

  先週の水曜日は、鈴鹿市でも、現地立ち会いをしました。

2 今週の土曜日は、借地の明渡し方法について、地主3名と、時間をずらして、
  打ち合わせのため、現地に行くことになっています。(借地が3筆あり、それぞ
  れ地主、利用形態が異なります)

3 3週連続、現地立ち会い(四日市市、名張市、鈴鹿市)に出かけていますが、
  他の若手弁護士に
      フットワークが軽い
  とほめていただいています。

4 破産事件において、破産管財人としての現地立ち会いは、記録を見ただけで
  分からないものが発見できるので、可能な限り、自分で赴くようにしています。

投稿者: 北薗法律事務所

2012.08.04更新

1. 分野毎に棚においてある本が、少し位置が分かりにくくなっていたので分野毎に整理した。

2. 中心となって整理をしたのは、  
(1) 交通事故
(2) 破産、民事関連、特別清算等の倒産
(3) 相続
(4) 不動産
である。

3. 相続は、
①遺産分割
②遺留分 
③遺言 
④遺言執行 
⑤成年後見 
⑥相続放棄・限定承認 
⑦その他 
と分類をした。

4. 不動産は、
①登記 
②賃貸借 
③農地 
④全般 
⑤不動産鑑定 
⑥その他
である。

投稿者: 北薗法律事務所

2012.08.04更新

1. (特別受益者の相続分)
第903条 
① 共同相続人中に、被相続人から、遺贈を受け、又は・・・贈与を受けた者があるときは、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与の価値を加えたものを相続財産と「みなし」・・・算定した相続分の中からその遺贈又は贈与の価額を控除した残額をもってその者の相続分とする。 

2. (寄与分)
第904条
① 共同相続人中に、被相続人の・・・財産の維持又は増加について特別の寄与をした者があるときは、被相続人が相続開始の時において有した財産価額・・・寄与分を控除したものを相続財産と「みなし」・・・算定した相続分に寄与分を加えた額をもってその者の相続分とする。

3. つまり、相続分(これは「具体的相続分」といわれるものです。)の算定にあたり、「みなし相続財産」の算定が先行します。

4. 結局、みなし相続財産とは、相続開始時に被相続人が有していた財産の価額に生前贈与の価額を加え、同時に寄与分の価額を減じたものです。

5. 「具体的相続分」は、【みなし相続財産×各相続人の「法定」相続分+各相続人の寄与分-各相続人の特別受益】となります。

投稿者: 北薗法律事務所