2012.02.25更新

1. 「赤い本」の講演録24年分に緊急自動車と過失相殺のことが掲載されていました。

2. 緊急自動車との関係では、一般車両に避譲義務が課されています。
一般車両に対して、緊急自動車が優先することになっているのです。
そこで、通常の事故の過失割合と同様に考えてよいかどうかということが問題になります。

3. 例えば、緊急自動車が、赤信号を通過して交差点に進入した場合、青信号で進入した一般車両との過失相殺はどうなるかという問題です。

4. 緊急自動車は、一時停止義務について法は、「緊急自動車は、法令の規定により停止しなければならない場合においても、停止することを要しない。」と規定し、赤信号や踏切などでも停止しないで通行できる特例を認めています。
だたし、この特例規定は、後段に「この場合においては、他の交通に注意して徐行しなければならない。」と規定している関係で過失割合の問題が生じます。

5. 私は津地方裁判所松阪支部で、緊急自動車と一般車両の事故の損害賠償を担当したことがあります。
緊急自動車側の代理人で一審、控訴審と過失割合のみが争点となりました。

投稿者: 北薗法律事務所

2012.02.25更新

1. 明日26日は、成年後見人として三者懇談会の出席のために、私は社会福祉法人が運営する施設に行ってきます。

2. 懇談の内容は活動報告、個人会計簿、個別支援計画等の説明等、で本人に会ってきます。

3. この案件は、当初は、財産管理の後見のみを担当していましたが、身上監護の後見人がなくなり、私が身上監護も担当することになりました。

4. 他の私が担当している成年後見は、身上監護は社会福祉士の方が担当しています。

投稿者: 北薗法律事務所

2012.02.25更新

1. 法人において破産申立にあたり、従業員の予告手当の源泉徴収を賃金と同じ扱いになるか問い合せを受けました。

2. 予告手当は「退職所得」として、賃金と異なり退職金と同じ扱いになります。

3. なお、私は破産管財人として、いわゆる「賃確法」で未払賃金の立替払の証明をしていますが、この「未払賃金立替払制度」に基づき弁済される未払賃金も予告手当と同様、退職所得になります。

投稿者: 北薗法律事務所

2012.02.18更新

1.事務所の法律相談は、一回目は原則無料である。

2.電話による法律相談は、顧問会社、過去の依頼者には応じている。それ以外の電話(メールも含む)による法律相談は応じていない。

3.ネットで調査をすれば、当初30分か事件によっては何回でも無料にしている法律事務所は増えている。時間も平日昼間でなく土、日、夜間と柔軟に対応している。

4.私が初回の法律相談料を請求しないと驚かれる相談者もいるから、まだ初回の相談料を無料にする位、弁護士業界の競争が激化していることが、利用者側に知られていないのだと思う。

5.本日土曜日初回の法律相談を入れていたが、キャンセルになった。

投稿者: 北薗法律事務所

2012.02.18更新

1.今週水曜は、鈴鹿市の白子駅で朝7:40に業者と打合わせをして、破産した会社の事務所現場で動産の状況等を確認した。

2.破産申立書に現場の写真は添付されているが、実際自分の目で見ていないとイメージがつかめないし、申立書未記載の財産を発見できることもある。

3.津駅前を朝7時すぎに通ると、駅前の飲食店舗等の経営者の方々が、駅前通りの「ごみ拾い」をされていた。「津駅前ストリートクラブ」の方たちで、当事務所のビルのオーナー(社長)が代表をされている。

4.鈴鹿の現地を見たあとは、伊勢支部で集会、午後は松阪市で不動産の決済であった。

投稿者: 北薗法律事務所

2012.02.17更新

1 先日、多人数の売掛金が財団にある破産者の債権者集会がありました。
  売掛金によっては、長期の分割払いのものあり、破産手続中に回収が完了しな
  いものもあります。
  そこで、長期の分割支払いの債権はサービサーに売却することを説明したとこ
  ろ、出席している債権者から、サービサーに関する質問を受けました。

2 サービサーとは、不良債権の処理等のために、法務大臣の許可を受けて、本
  来の債権者から委託を受け、あるいは、債権を譲り受けて、債権の回収にあた
  る会社のことをいいます。原則として、会社名に「債権回収」の文言を使用しな
  ければならないとされているので、
   ○○債権回収
  といった名称であるのが一般的です。

3 サービサーが扱う債権(特定金融債権)は、法律でその範囲が定められており
  今回のような破産者が有する金銭債権のほかにも、金融機関や貸金業者等が
  有している貸金債権なども含まれています。
  したがって、破産者に対する債務があるような場合だけでなく、金融機関や貸
  金業者等からお金を借りている人なども、サービサーからの請求を受ける可能
  性があります。

4 私がサービサーに関与するのは、
  ① 破産管財人として、サービサーに債権を売却したり、
  ② サービサーに売却された、あるいは、回収委託された債権の担保のために
    設定された抵当権のある不動産を売却したり
  ということがほとんどです。

5 サービサー側から請求されるのは、破産管財人、あるいは、自己破産の申立
  てをする場合の代理人として、即ち、法的手続の中で関与する場合がほとん
  どです。

6 サービサーから請求を受けた債務者側の代理人として、法的手続をとらずに和
  解(示談)で解決したことも数例あります。

投稿者: 北薗法律事務所

2012.02.14更新

1 65期の森裕介弁護士が、2月10日付で登録されました。

2 同弁護士は、中央大学の司法試験受験団体(「学研連」といわれる)の瑞法会
  の出身です。

3 私は、同じ学研連の正法会の出身です。
  今回の日弁連の会長候補の山岸弁護士も、正法会出身です。

4 私が司法試験の受験生だった頃は、司法試験の予備校はできたばかりでし
  た。
  私は、大学4年生のときに(私の合格は卒一)、模試を受けるために一度予備
  校を利用しただけで、専ら、正法会での同僚(主として先輩)との議論と自習に
  よって司法試験に合格しました。

5 大学の授業の中で、年間を通してまじめに出席したのは、国際公法、民訴法
  (但し、単位取得の目的でない授業)でした。自分の足りない知識、理解の点
  検・確認が目的でした。

6 今の法科大学院の教授もそうだと思いますが、実務家でない「学者」の先生
  の話(授業)は、司法試験即ち実務には、必ずしも向いてないと考えています。

投稿者: 北薗法律事務所

2012.02.11更新

1.先日は、伊賀支部の破産事件の不動産の任意売却で名張市で決済をした。

2.現在は、調停委員、通常事件の代理人、破産管財人で伊賀の裁判所に出かける割合も多い。

3.先日は14日(土)、16日(月)、23日(月)、今月は1日(水)、13日(月)、20日(月)と伊賀地方の裁判所に裁判、調停委員、債権者集会等に出かける予定である。

投稿者: 北薗法律事務所

2012.02.11更新

1.愛知県弁護士会では、司法修習生のための就職説明会を行うが、三重では今年は就職説明会はなされないようである。

2.三重の修習生の新規登録(修習終了後登録)の状況は、
平成20年5名、平成21年が10名、平成22年が11名、平成23年が13名(当事務所の2月分を入れると14名)である。

3.三重県弁護士は会員数が150名であるが、新規登録だけで8ないし10%ずつ増加していることになる。

4.登録替による入会は、毎年2ないし3名である。

5.平成20年ないし23年の新規登録弁護士でいわゆる即独は確かいなかったはずである。

投稿者: 北薗法律事務所

2012.02.08更新

1 事務所開設当時は1人事務所であったので、離婚に関する依頼が入った場
  合、聴取の大変さと対応時間の関係で、相談は受けていましたが、受任につ
  いては、他の弁護士を紹介することが多かったと思います。

2 また、離婚の合意後の文書等の作成には関与していましたが、
  ① 相手方との交渉について継続的な助言
  ② 代理人として調停への出席
  についても、1人事務所ではなかなか時間を確保できないために、他の弁護士
  を紹介していました。

3 現在は、基本的に事件処理は2人でしているので、概要の聴き取り、方針の確
  立は私が行い、詳細事実関係の聴取は勤務弁護士に任せる、ということで、前
  記のようなケースも受任しています。

投稿者: 北薗法律事務所