弁護士北薗のBlog

2018.08.10更新

1 当事務所に「出張」弁護修習に来ている修習生に、昨日もいろいろな課題に取り組んでもらいました。指導したポイントがいくつかありました。

2 選択修習「相続」の課題検討

(1)選択弁護修習の「相続」の講義を担当しています。

「出張」修習生にも当講義で出題予定の課題を検討してもらいました。

問題に関連している事件記録を渡して解答の起案を指示しましたが、教科書(実務書)を読んだレベルの内容にとどまっていました。

(2)実務において、特別縁故者の事件には主に、①相続財産分与の審判申立の代理人としての立場、②相続財産管理人としての立場で関与することが多いです。

①申立代理人として関与する場合には調査官調査への立会いが、②相続財産管理人として関与する場合には、意見書の作成が主な仕事です。

実務に触れた経験を踏まえて、課題を復習してもらいたいです。

投稿者: 北薗法律事務所